支払い方法

未成年&学生のうちに医療脱毛するなら学生割引やペア割を活用!同意書なしでもOK?

student-coffe
  • 学生だからあまりお金がない…
  • 学生はどうやってクリニックを選べばいいの?
  • 未成年は親の同意書がないと脱毛できない?一人暮らしなんだけどどうすればいい?

そんな疑問にお答えします。

世の中には医療脱毛のできるクリニックはたくさんあり、どういった基準で選ぶかはその人次第。

でも学生や未成年であれば別。何かと不安も多いし、できるだけ低価格で利用したいのが本音ですよね。

そこでこの記事では、学生&未成年が医療脱毛をするメリット・デメリットと、お得に利用できるコツ。

さらに「親権者の同意」などの気になるワードについてもすべて解説します。

医療脱毛はしたいけど、本当に大丈夫なのかな…?と不安なかたはぜひご覧ください。

学生&未成年のうちに医療脱毛をする【メリット】と【デメリット】

学生学生や未成年の方が医療脱毛はじめるメリットや、逆にデメリットや注意点も合わせて解説します。

「学生&未成年の医療脱毛」メリットは期間限定のお得さ。

  • 自己処理から早く卒業できる。
  • 学生割引が利用できることが多く、低価格で利用しやすい。
  • 予定がわかりやすいので、予約のキャンセル変更のリスクが減る。

自己処理から早く卒業できるのは大きなメリットです。

ムダ毛処理には電気シェーバー、カミソリ、脱毛テープやワックスなど様々ありますが、ムダ毛を処理する時間やお金、手間やストレスからはやめに解放されるのは嬉しいですよね。

さらに、学割を利用できるのは、学生証がある期間限定のメリット。

クリニックによっては20〜30%OFF、金額にすると数万円単位で割引になる場合もあるので、迷っているなら卒業前に契約してしまうのがおすすめです。

また、社会人になるとなにかと忙しくなり職業によっては自分の都合だけで休めないこともあるでしょう。

そのため何かとスケジュールが決まりやすく時間のある学生のうちに始められるのはメリットといえます。

「学生&未成年の医療脱毛」のデメリットは知っておくと安心。

逆に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

  • まとまったお金が必要。
  • 土日や祝日、長期休みの期間は予約が埋まりやすい
  • 未成年の場合は、親権者の同意書が必要。

お金が必要

脱毛を迷っている人の悩みの多くは、お金の問題だと思います。

全身脱毛で5回〜8回の照射であれば費用は約20万〜30万くらい。でも高いからといって美容サロンでの「脱毛」では永久脱毛はできません。

さらに、まとまった金額が用意できないからといって安易に「医療ローン」を組んでしまうのは危険です。

解決策としては、金利手数料無料の医療ローンを選ぶ、クレジットカードの分割払いの活用や、「学割」「ペア割」の使えるクリニックを選ぶ

全身脱毛ではなく気になるところだけの「部分脱毛」にするなど様々あります。

医療ローンについては医療ローンを徹底解説!学生や審査についてで解説しています。

また「現金払い」をうまく利用する方法については医療脱毛「現金払い」のメリット。都度払いや現金分割払いついても解説!をご覧ください。

予約が他の人と重なりやすい

学生さんであれば、土日や祝日、春休みや夏休みの長期休暇の間や、学校帰りなどに予約を入れたいですよね。

ですが、医療脱毛を行うメインの年齢層は20〜30代、会社帰りの人なども同じでどうしても他の人と予約が重なり、思うように予約が取れないということも起こりやすいです。

その場合は、なるべく早い時間で予約をとるなど工夫が必要です。

医療脱毛「予約が取りやすいor予約が取れない」クリニックはどこまで本当なのか?

親権者の同意が必要

医療脱毛はクリニックで行う医療行為です。

未成年が契約するには親権者の同意書の持参、親の同伴、電話での確認など、とにかく親権者の許可が必要になります。

たとえ一人暮らしで親が近くに住んでない場合でも条件はかわりません。

未成年の方がご契約をされる場合、必ず親権者の同意が必要となります。カウンセリングをご希望される院の親権者同意書をダウンロードし、必要事項をご記入・ご捺印の上お持ちください。
また、中学生・高校生はカウンセリングの際に親権者の同席が必要です。
※14歳未満の方は施術を受ける事ができませんのでご了承ください。

引用:未成年でも契約はできますか?またローンは組めますか?

親権者の同意書は各クリニックのホームページから印刷することができます。

学生がお得に医療脱毛するには「割引き」と「支払い方法」の工夫を!

ペア友達ご存知の通り、医療脱毛をするにはある程度の「まとまったお金」が必要になります。

そこで学生さんでも医療脱毛でなるべく負担を減らせる方法をご紹介します。

「学生割引」を利用する

一番手っとり早く確実な方法がこの学生割引を利用する方法。

この「学割」は使えるクリニックは多く、クリニックによっては数万円単位で割引されるところもあったりします。

条件は一般的に高校生、予備校生、専門学生、大学生、大学院生などの学生証を持っている人が割引の対象になるケースが多いです。

気になるクリニックがあれば、まず「学割」が使えるかをチェックしてみましょう♪

医療脱毛クリニックを地域で探す

「ペア割」を利用する

「ペア割」とは友達や家族など、2名以上で来院して同時契約すると割引になるサービスです。※条件はクリニックによって異なります。

もし周りに脱毛を考えている人がいれば、誘い合って来院すれば2人ともお得になる可能性も。

社会人になってからはなかなか友人同士で…なんて予定を合わせていきづらかったりします。なのである意味、いまが利用できる最後のチャンスかもしれません。

うさりん
うさりん
リゼクリニックのように「学割とペア割の併用可能」なクリニックもある!

医療脱毛なら【リゼクリニック】

「お友達紹介チケット」をもらう

「紹介チケット」とはクリニックで契約すると貰えるカードのようなもの。

特典内容や名称はクリニックによって異なりますが、チケットを利用して同じクリニックで契約すると約した本人」と「紹介した人」のどちらにも割引きなどのサービスが受けられるというものです。

周りの家族や友人に声をかけてみると意外にかんたんに貰えるかもしれません。

支払い方法を工夫する

支払い方法を工夫することで実際の金額が安くなることはありません。

ただしポイント還元などで得したり、分割して支払える方法もあるので見ておきましょう。

医療脱毛の支払い方法は大きく分けて3種類!
  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. 医療ローン

このなかでポイントの貯まるお得な方法はクレジットカード払いのみ。以下で詳しく解説します。

クレジットカード払い

クレジットカードをお持ちなら医療脱毛での支払いでも、普段の買い物と同様にポイントが貯められます。

また、クレジットカード払いは2回までは分割払いの手数料は0円。なのでひと月の出費を抑えたい人はクレジットカードで分割払いにするのも方法のひとつです。

さらにクレジットカードは限度額が気になるという方もいるのでは。

カード会社にもよりますが、学生さんの場合は10〜30万の上限が決められている場合が多いです。

限度額が気になる場合は、事前にカード会社に確認しておくか金額の一部だけをカードで払い、残りを現金で支払うという方法もできますので、カウンセリングのときにクリニックに相談してみましょう。

医療脱毛「現金払い」のメリット。都度払いや現金分割払いついても解説!

医療ローンを組む

医療ローンとは、医療機関で組めるローンのことで、分割で支払える仕組みのことです。

クリニックによって「定額プラン」や「月額払い」と呼ばれていることもありますが、すべて「医療ローン」のことを指すので注意が必要。

医療ローンは一度にまとまった金額を支払わなくても良いというメリットの反面、手数料がプラスされた金額を支払うことになるので(※銀行引き落とし)

最終的に支払う金額は、一括で払う場合よりも高くなります。

そのため、親の同意があれば未成年でも組むことができますが、きちんと支払いが最後まで行えるかは事前に確認しておきましょう。

※医療ローンに関しては、医療ローンや月額制って何?医療脱毛のローン審査に通らない人の原因と対策。で解説しています。

親が許可してくれない!なら家庭用脱毛器という選択肢もある。

Woman screamingお伝えした通り、医療脱毛では20歳になるまではどうしても親権者の同意が必要になります。

かといってエステ脱毛にいくほど、時間とお金をかけたくない…。

そんな方には家庭用脱毛器という選択肢があります。家庭用脱毛器は光美容器ローラー式の脱毛器の2種類に分かれます。

ここではエステサロンで行われる光脱毛を家庭用に取り入れた「光美容器」をご紹介します。

家庭用脱毛器は医療脱毛とは違い永久脱毛はできないですが「光美容器」であれば、毛を抜かずにケアができるので毛穴を傷つけることなく、ムダ毛を目立ちにくくさせることができます。

光脱毛器①脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボ考案!業務用パワーを実現「Datsumo Labo Home Edition」脱毛器のプロモーション

流行りのVIO脱毛に興味があるけど、サロンで見られるのは恥ずかしい!
という声を元に開発した「家庭用脱毛器」

もともと脱毛サロンを運営する「脱毛の専門家 脱毛ラボ」が開発した商品です。

1台で30万発、発射可能で全身脱毛なら約300回利用できます。

5段階でパワーを調整できるので、顔や指など敏感な部分にも使うことができます。

照射時の痛みを即時に沈静ケアできる業界初「氷冷5度」の「冷却クーリング機能搭載」で脱毛しながら肌を冷やすので照射時の痛み、赤みを即時に和らげてくれます。

公式サイト:Datsumo Labo Home Edition

光脱毛器②ヤーマン レイボーテヴィーナス

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

ヤーマンの SPEED×POWER×美肌のムダ毛ケア「レイボーテ」

移動距離を自動で感知するヤーマン独自の「インテリジェントローラー」を搭載し、 ローラーを滑らせるだけで最大7連射のフラッシュが照射が可能です。

照射レベルも5段階まで調節でき自分の肌に合わせてフラッシュを照射ができます。

黒に反応する特殊なフラッシュでムダ毛を目立ちにくくさせ、セルフケアでもエステサロンのようなハイパワーのケアが可能。

レイボーテシリーズに搭載しているフラッシュは ムダ毛ケアのフラッシュだけでなく美肌ケアできる波長も含んでいます。

日本人のお肌に合わせて開発しているので、 よりお肌にやさしく効率的なお手入れが行え、毛穴が目立たないつるすべ美肌を目指せます。

公式サイト:レイボーテ ヴィーナス

まとめ:学生&未成年の「脱毛」はメリットも多いけど、慎重に。

yang-women学生さんが脱毛するメリットや、クリニックをお得に利用するコツをご紹介しました。

いずれ脱毛するのだと考えれば早いほうがメリットは多いですが、20歳を超えるまでは親権者の同意が必要。

また、どうせ脱毛するなら、お得に賢く利用しましょう。