支払い方法

医療ローンや月額制って何?医療脱毛のローン審査に通らない人の原因と対策。

アイキャッチ画像
医療ローンってぶっちゃけどうなん?
審査とか、手数料とかあるの?学生やフリーターとかでも組めるのかな?

そんな疑問をお持ちではないですか?

医療脱毛を考えている人なら聞いたことがある医療ローン。

でもローンってなんだか怖いし、仕組みも分かりにくい…。実際にはよくわからないうちに組んでしまい後悔する人も多いようです。

そこでこの記事では、医療ローンの仕組みと、メリット・デメリット。気になる審査についても詳しくご紹介します。

この記事を読めば、医療ローンの基本情報が分かり失敗するリスクを減らせます。

医療ローンには必ず審査があります。また、組めたとしても手数料がかかるため契約前によく検討する必要がありそうです。

医療ローン(メディカルローン)ってなに?

医療ローンの契約医療脱毛(メディカルローン)とはクリニックのような医療機関で組めるローンのことで、医療脱毛のような保険のきかない治療費を分割して支払うことができます。

医療ローン(メディカルローン)とは、医療行為を受ける際に利用できるローンのこと。主な借り入れ先は病院・クリニックと提携している銀行、信販会社などで、借り入れたお金は原則、医療行為にしか使えないといった制約がある。

引用:治療を受ける前にチェック!病院が提携している「医療ローン」のお得度

医療脱毛は全身脱毛だと20〜30万くらい。

一度にまとまった金額の支払いが難しい人のため、毎月決められた金額を、分割して支払いを行う仕組みです。

医療脱毛と保険についてはこちらをご覧ください。(→医療脱毛で保険証は必要? そもそも保険は適用されないの?)※外部リンク

医療ローンのメリット・デメリット

考える女の人医療ローンを組む前に知っておきたい、メリット・デメリットをご紹介します。後悔しないように、確認しておきましょう。

  • 一度に支払う金額が減る。
  • クレジットカードの分割払いより手数料が安くなることがある。
  • 学生さん、主婦の方でも一定の収入があれば審査を受けられる。

審査はありますが、まとまった金額が支払えない方にとっては嬉しい仕組みではあります。

またクリニックによっては、クレジットカードの分割払いよりも手数料が安くすむこともあるようです。

  • 金利手数料がかかる。
  • 審査がある。
  • 月額制・分割払いなどと表記される事があり分かりにくい。

医療ローンは、お金をかりた金額と期間に応じて金利手数料がかかります。

また審査があるので、誰でも契約できるものでもありません。

さらに、クリニックによって「分割払い」「月額制」「定額プラン」などという名前で表記されることが多く医療ローンとされずに契約してしまう危険もあります。

そのため、軽い気持ちで医療ローンを組む人が多いのも事実です。

医療ローンの審査は何歳から受けられる?

7人の女性たち医療ローンは20歳以上で、一定の収入があれば本人名義での審査を受けることができます。

審査は「20歳以上の社会人」であれば比較的、通りやすいですが学生や主婦の方でも利用でき、とくべつ厳しいものではありません。

【未成年】

未成年や学生に対する医療ローンの申し込み条件をクリニック別にまとめてみました。

レジーナクリニック 未成年の方も医療ローンに申し込むことは可能。ただし医療ローンを組む際は、電話にて親権者様の同意確認が必要
リゼクリニック 未成年は、連帯保証人様が必要成人していても、収入がない人(主婦や、現在休職中など)は、世帯主様(親や夫)の収入を合算した上で審査をかけることができる。その場合、世帯主に確認の連絡してから、審査の承認を受けることになる。
アリシアクリニック 未成年や仕事をしていない場合は、親か家族名義で組むことになる。
リアラクリニック 仕事をしている人(学生や主婦の方のアルバイトやパートを含む)は、本人名義で申し込みが可能。未成年や仕事をしてない場合は、親や家族名義で申し込みになる。
東京イセアクリニック 18歳以上20歳未満の場合は、親権者が保証人になる必要がある。また、18歳未満の場合は親権者名義でローンを組むことになる。

18歳未満はローンを組むことができないため、医療ローンを利用する場合は親名義で利用するか、保証人をたてる必要があります。

18歳以上20歳未満の場合は、一人でローンを組むことができますが、必ず親権者の同意が必要になります。(連帯保証人)

その場合、本人が学生であっても、フリーターであっても、アルバイトをしていて安定した収入があっても同じです。

【20歳以上】

20歳以上は本人名義で審査が受けられます。

学生ならアルバイトなどで一定の収入があれば、保証人をたてず一人でローンを組むことが可能です。

バイトをしていない場合は、親名義で申し込むことになります。

【主婦】

20歳以上ならパートやアルバイトであっても安定した収入があれば、審査に通りやすいです。

専業主婦でも自分名義で申し込む場合は、夫・親を連帯保証人に立てるの必要がありますが、そもそも夫・親名義で審査を受けてもOKです。

医療ローンの負担をなるべく減らすコツ。

ローンのイメージ審査や手数料がかかる医療ローン。

どのようなことに気をつければ、なるべく負担を減らし、後悔しない選択をすることができるのか?気をつけたいポイントをご紹介します。

手数料が0円のクリニックを選ぶ。

医療ローンというと金利手数料分の利息が発生します。しかしまれに手数料無料のクリニックが存在します。

なるべく少ない回数で契約する。

「医療ローン」の分割回数は多ければ多いほど、毎月の支払い額は少なくなりますが逆に金利手数料は増えていきます。

つまり分割回数は少ない方が手数料が少なくなるということ。

毎月に支払える額を考えつつ、なるべく少ない回数での契約がおすすめです。

医療ローンよくある疑問

疑問「医療ローン」の素朴な疑問をまとめてみました。ローンを組む前に心配事はなくしておきましょう。

審査は何をみられるの?

「医療ローン」の審査のチェックポイントは以下の通りです。

かんたんに言えば「この人はきちんと最後まで支払う能力があるかな?」ってところをみられます。

  • 安定した収入があるか?
  • 今までにクレイジットカードの延滞歴がないか?
  • その他、借り入れなどでトラブルが起きていないか?
  • 現状、他者からの借り入れはどのくらいあるか?

つまり審査に落ちやすい人の特徴としては、安定した収入がない・過去に未納・延滞などを起こしたことがある、すでにキャッシングや学生ローンを組んでいるなどがあげられます。

医療ローンを組んだら親バレする?

「医療ローンを組んだことを親に知られたくない‼︎」そんな人もいるかもしれません。

基本的に成人していて安定した収入があり、連帯保証人をたてずに本人名義で申し込む場合は家族にバレる可能性は少ないですが、

家族で一緒に住んでいる場合は、ローン会社から書面やハガキが送られてくる場合があるため、そこでバレる可能性があります。

医療ローンを組めない人へ。ローンに頼らない方法。

leg「医療ローン」を組みたくても組めない人、やっぱり手数料を支払うのは嫌だ!という人に向けて別の方法をご紹介します。

方法1:クレジットカードの分割払いで支払う

クレジットカードを持っていれば、そのままカードで分割払いすることも可能です。

クレジットカードの場合は2回までは手数料無料、3回以上は手数料がかかるので注意が必要です。

クレジットカードの分割払いは、審査がないので支払い自体はスムーズではありますが、クリニック側が分割払いに対応していない場合もあるので事前確認が必要です。

▼例:クレジットカードの分割払いについての対応▼

リゼクリニック 国際ブランドは、VISA/Master/JCB、分割は2回まで可能
レジーナクリニック VISA・MASTERのみ分割払い可能
グロークリニック VISA・MasterCard・JCB・American Expressで分割払い可能。
アリシアクリニック 一括払いのみVISA、MasterCard、JCB、AMEX)

【エポスカードVISA】学生さんや初めてでもおすすめな理由とお得な使い方

方法2:都度払いで支払う

医療脱毛は一般的に5〜8回のコースになっていて、数ヶ月ごとに繰り返し照射することで、少しずつ永久脱毛の状態に近づけていきます。

都度払いとはこのようなコースでの契約ではなく、1回きりで契約をするということ。

そのため、一度きりでも良いですし自分が好きな回数だけ通うこともできます。

「都度払い」のメリット・デメリット

  • キャンセルなどのでの回数消化のリスクがない
  • いつでも止められる。
  • 自分の満足いく回数で止めることができる。
  • 1回の料金が割高。
  • 毎回、支払うのが面倒。
  • 回数によっては、コースで契約した方が安くなる場合がある。

単発での契約のため、気軽に通える一方で、料金が割高なのはデメリット。

都度払いにするのであれば、すでに美容サロンやクリニックで脱毛経験あり、すでに毛量が減っている状態であれば考えても良いかもしれません。

またリゼクリニックのように、3回コースなど少ない回数でできるクリニックもあるので、少ない回数で照射したいけど、1度きりだとさすがに不安」な方にはおすすめです。

方法4:「部分脱毛」にする

医療脱毛のコースはクリニックによって様々ありますが、初めての脱毛は「全身脱毛」を選択する人が多いです。

もちろん、最終的に「全身脱毛」したいならこちらを選択した方が割安ではあります。

でも「全身脱毛」でローンを組み手数料を払うのであれば本末転倒。そこで、とりあえず気になる部分だけを脱毛する部分脱毛を検討してみるのもありです。

まとめ:医療ローンはよく検討しよう!

脱毛の医療ローンについてご紹介しました。気軽に組む人が多いですが、あとあと後悔している方が多いのも事実。

前もってしっかり検討し、どれくらい金利手数料がかかるのか、支払いは最後までできるのかをしっかり考えてから契約しましょう。