クリニックの選び方

医療脱毛の脱毛レーザーの機械の種類と導入クリニックまとめ

医療脱毛のクリニックを選ぶときに、「脱毛レーザーの種類」で選ぶのもひとつの手です。

でも脱毛レーザーって種類がいろいろあって、素人では判断しにくいですよね。

クリニックによっては取扱いのレーザーだけを押していることもありますが、それだけみても本当に自分に合っているかわかりません。

そこでこの記事では、そもそも医療脱毛のレーザーってどんな種類があり何が違うのか?というところから、実際に取扱っているのクリニックまでご紹介します。

クリニック選びのヒントにぜひお役立てください!

クリニックによって脱毛機はちがう。

レーザー脱毛医療脱毛は「レーザー脱毛」と呼ばれる方法が主流になります。同じレーザー脱毛でも、クリニックによって扱う機械は違います。

レーザー脱毛の機械はどれが良い・悪いというものではなく、その人の肌質や毛質、脱毛部位などで向き不向きが変わってきます。

さらに機械だけでなく、施術者のスキルも重要。出力の調整や照射スキルなども大事なようです。

機械のレーザーは3種類ある。

red-laser医療脱毛で使われるレーザーの種類は主に3種類あり、その違いは光源とレーザーが届く距離(波長)にあります。波長が短いほどメラニン色素への反応が強く高い効果を発揮します。

アレキサンドライトレーザー

光源:宝石

 

波長755nm(やや強い)

ダイオードレーザー

光源:半導体を利用した人工レーザー

 

波長800nm(普通)

ヤグレーザー

光源:イットリウム/アルミニウム/ガーネットの結晶

波長1064nm(弱い)

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーが同じくらい、ヤグレーザーは少し効果が劣ります。

逆に言えば、日焼けした肌や色素沈着、色黒の方には火傷のリスクがあるのでヤグレーザーが活躍します。

とはいえどの程度の肌色まで使えるかなどは医師の判断になります。

さらに、照射方法は2種類。

laser先ほどご説明したとおり、レーザーには3種類ありました。さらに照射方法となると2タイプに分かれます。

  • ショット式(熱破壊式)
  • 蓄熱式

※ショット式は=熱破壊式とも言われます。

基本的に多いのはショット式になりますが、光源が人工的に作られたダイオードレーザーのみ「蓄熱式脱毛器」が存在します。

“ショット式”と”蓄熱式”の違い

ダイオードレーザーのみショット式と蓄熱式の2タイプのレーザー機器が存在します。

2つの違いは以下の通り、大きなポイントは毛の破壊する場所が異なることですです。

ショット式
  • 強いレーザーをあてて、一瞬で毛の細胞を破壊するもの
  • 強い光を単発で照射
  • メラニン色素に反応させるので濃い毛に対する効果が高い。
蓄熱式
  • 弱めのレーザーをじっくり当てて、発毛の指令をだす組織であるバルジ領域を含めた毛包周りの組織を破壊
  • メラニン色素に反応させないので色黒の肌にも施術できる。
  • 弱い光を連続して照射→痛みや肌へのダメージが弱い。

蓄熱式ではバルジ領域という、毛の幹細胞を作る場所を破壊し、照射日より約3~4週間後に毛が抜け落ちます。
熱破壊式では毛母細胞という毛の元になる場所を破壊し、照射直後~2、3週間の間に毛が抜け落ちます。(中略)しかし最終的な脱毛効果は、蓄熱式と熱破壊式で変わりはございませんのでご安心ください。 引用:3種類の医療レーザー脱毛器

結論:脱毛の機械の種類は大きく分けて5タイプ

brue-laserというわけで、医療脱毛レーザーの種類は大きく分けてほとんどが、先ほど説明した4種類と、複数の波長のレーザーが照射できる「ハイブリットタイプ」を加えた5種類にわかれます。

  1. (ショット式)アレキサンドライトレーザー
  2. ショット式ダイオードレーザー
  3. 蓄熱式ダイオードレーザー
  4. (ショット式)ヤグレーザー
  5. ハイブリットタイプのレーザー

ひとつずつ特徴をみていきましょう。

「(ショット式)アレキサンドライトレーザー」の特徴とクリニック

まずは(ショット式)アレキサンドライトレーザーです。特徴は以下のとおり。

  • 毛母細胞を破壊するワンショット方式
  • メラニンへの反応が1番強い→太い毛には反応が良いが、色素の薄い産毛などには反応が鈍いとも。
  • 痛みの緩和→レーザーと同時に冷却ガスを噴射される

脱毛レーザーの中でもメラニンへの反応が強く、肌へ影響を与えずに毛根のメラニン色素にのみ、レーザーを照射することができます。(中略)

毛のメラニンだけでなく、肌に存在するメラニンも破壊してくれるので、肌をワントーン明るくしてくれる効果も期待できます。 引用:医療脱毛で使用するレーザー機器の種類とそれぞれの効果について

クリニック

(ショット式)アレキサンドライトレーザーが導入されているクリニックは以下のとおりです。

【機械名】 【クリニック】
ジェントルレーズプロ

参考:シネロン・キャンデラ株式会社

「ショット式ダイオードレーザー」の特徴とクリニック

ショット式ダイオードレーザーの特徴は以下のとおり。

  • ワンショット方式で毛母細胞を破壊
  • メラニンへの反応はアレキサンドライト、ヤグレーザーの中間。
  • ジェルを塗りながら照射する。

取り扱いクリニック

ショット式ダイオードレーザーが導入されているクリニックは以下のとおりです。

【機械】 クリニック】
ライトシェアデュエット

参考:ルミナス社 

新宿駅周辺で医療脱毛のできるクリニック14院を紹介!失敗しない選び方☆

蓄熱式ダイオードレーザー

蓄熱式ダイオードレーザーの特徴は以下のとおり。

  • 発毛の指令をだす、バルジ領域を含めた毛包周りの組織にアプローチする機械。
  • 熱破壊式と比べると、低出力のため肌への刺激が少なく痛みも弱い。
  • 冷却ジェルを塗りながら照射する。

取扱いのクリニック

蓄熱式ダイオードレーザーが導入されているクリニックは以下のとおりです。

機械の名前 クリニック
メディオスター
ネクストプロ参考:株式会社メディカルユーアンドエイ

 

お肌全体をじっくりと温めながらバルジ領域を破壊するので痛みが少なく、施術後のお肌へのダメージも少ないことが特徴です。  引用:メディオスター NeXT PROのご紹介

ショット式ヤグレーザー

ヤグレーザーの特徴は以下のとおりです。

  • ワンショット方式で毛母細胞を破壊
  • 色素沈着がある部位も脱毛できる※医師の判断が必要

ヤグレーザーはメラニンへの反応があまり強くないため、色黒肌や色素沈着を起こした肌に適しています。

ヤグレーザーは、日本ではなく黒人の脱毛に使われているのだとか。もともとメラニン色素を多く含んでいない日本人の肌には、長所を生かしづらいのであまり日本では普及していません。  引用:医療脱毛で使用するレーザー機器の種類とそれぞれの効果について

導入されているクリニック

ヤグレーザーが導入されているクリニックは以下のとおりです。

【機械】 【クリニック】
ジェントルヤグプロ

参考:シネロン・キャレンデラ株式会社

複数の波長で照射できる(ハイブリット型)

一つの機械で複数の波長のレーザーの出せるハイブリット型の機械も存在します。

【機械】 【クリニック】
ジェントルマックスプロ

参考:シネロン・キャレンデラ社

アレキサンドライト+ヤグレーザーのハイブリット型

 

ソプラノアイスプラチナム/ソプラノチタニウム アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAG(ヤグ)レーザーという波長の異なる3種類のレーザーを同時に照射できる。

エリートプラス アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つの波長で照射できる。

スプレンダーX アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの同時照射が可能。

ラシャ

参考:リゼクリニック 

ダイオードレーザーの、蓄熱式と熱破壊式の両方を照射することのできる機械。

  • リゼクリニック

まとめ:事前知識があれば、クリニック選びのヒントになる。

hawaiいかがでしたか?

このようにみてみるとほとんどのクリニックで多くの人の肌質や毛質に合うように複数の機械が導入されていたり、複数の波長のレーザーがだせる「ハイブリット型」も主流になっているようです。

ある程度の事前知識を持っておくとクリニックを見極めるときのヒントになります。

ただし、脱毛機器だけでクリニックを判断するのは微妙なところ。複数の機械が導入されていても利用者側が選べるケースはほとんどありません。

だからこそ、事前にカウンセリング、医師の診察がありその人にあった機械や出力で照射してくわけです。

  • 医療脱毛の機械にはクリニックによって違う。
  • 波長は3種類あり、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーがメラニンへの反応がよい。
  • ダイオードレーザーのみショット式と蓄熱式がある。
  • 一つの機械で複数の波長が出せるハイブリット型もある。